ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米女子オープン
期間:12/10〜12/14 場所:チャンピオンズGC(テキサス州)

2週前にコースチェック 畑岡奈紗はテキサス連戦でメジャー獲りへ

2020/12/10 18:00


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 事前(9日)◇チャンピオンズGC (テキサス州)◇サイプレスクリークコース 6731yd(パー71)、ジャックラビットコース 6552yd(パー71)

同じテキサス州で開催された前週の「ボランティア・オブ・アメリカクラシック」を11位で終えた畑岡奈紗は、車でダラスからヒューストンへ移動した。「(拠点を構える)フロリダとも芝質がちょっと違う。芝も先週に慣れていくということで出ることにしました」。メジャー前週の大会でバミューダ芝の感触を確かめてきた。

<< 下に続く >>

2週間前にプライベートで訪れ、2コースを1回ずつラウンドした。「距離は長くて、フェアウェイはまだ広い感じする。グリーンが大きくて傾斜もすごく強いなという印象がある」と語るサイプレスクリークコースに対し、「比べるとフェアウェイが狭い印象があって、ピン位置によってはフェアウェイからでも木が気になるところがある」とジャックラビットコース。会場入りした後はコースデータを頭にたたきこんだ。

長距離コースには「自粛期間中にトレーニングはして。飛距離も伸びてきた。それを生かしたい」とうなずく。「アイアンショットの調整がまだうまくいっていないんですが」と米本土でツアーに復帰した「ペリカン女子選手権」から得意にするアイアンショットにブレが生じ、開幕に向けて修正に苦心し続けてきた。

未勝利のまま続く2020年は「優勝できていないのは悔しいけど、2試合に1試合くらいはトップ10に入れている」と充実感も示した。「プロになったときから獲りたいと思っていた」メジャータイトル。宇宙センターが有名なヒューストンで、試合を通じてメジャー獲りへの不安要素を一つずつつぶしていく。(テキサス州ヒューストン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!