ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:10/08〜10/11 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

渋野日向子が難コースで挑む新境地 「ゴルフ人生で習ったすべて出す」

2020/10/08 08:12


◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 事前(7日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577yd(パー70)

「メチャクチャ難しい。1ラウンドじゃ、足らんです」。開幕前日に早朝から練習ラウンドを行った渋野日向子は、ハーフターンを前にそんな言葉をつぶやいた。

<< 下に続く >>

前週は4日間大会を戦い抜き、5日(月)は別コースでプロアマ戦に参加した。そして連日のコースチェック。今大会の決勝ラウンドを含めれば、11日連続で18ホールをプレーすることになる。それでも元気いっぱいの21歳。パッティンググリーンで“ノルマ”をクリアした後、「先週、あまりにもポンコツだったから」と苦笑するロングパットの距離感をつかむ反復作業。トータルで1時間を優に超えた。

「アメリカに来て一番難しい。比べものにならない難しさというのは、きのうのスタートホールからわかった」という難コース。前日はインコースから18ホールを回り、「10番からセカンドを5Wで打ちました」。ピン位置、風向き次第ではミドルホールの2打目で200ydほど残ることもある。

前週苦戦したポアナ芝に比べれば、グリーンのベント芝は好印象。ただし、グリーン自体が大きく、アンジュレーション(起伏)もきついため、ロングパットの距離感をつかめるかどうかをポイントに挙げる。「バーディを数多く獲れるコースじゃない。耐える戦いになると思います」と言った。

昨年8月の「AIG(全英)女子オープン」は通算18アンダーで優勝。同9月「デサントレディース東海クラシック」では、最終日「64」で8打差をひっくり返した。異次元の爆発力でファンを魅了してきた渋野にとって、「耐える戦い」にこそ、さらなる成長のヒントがあるという。

「去年からの自分で言うと、耐えるゴルフであまりいい成績を出した記憶がない。耐えるゴルフは好きじゃないんですけど、これから先、絶対必要になってくる。これまでのゴルフ人生で習ってきたすべてを、この4日間で出しきれたら」

2カ月に及ぶ長期海外転戦を締めくくる6試合目。「来てみたら、(メジャーは)やっぱりちょっと違って、コースですごく気を引き締めさせられた。これまでの5試合では使わなかったような頭の使い方だったり、ショットだったりも必要になってくるんじゃないかと思う。“集大成”とは言ってますけど、(新たに)見つけるものの方が多いんじゃないかと思います」。メジャー覇者とはいえ、まだメジャーはキャリア通算4試合目。大舞台は未知の刺激にあふれている。(ペンシルベニア州ニュータウンスクエア/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!