ニュース

米国女子TOTOジャパンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「波があり過ぎ」松田鈴英はエースから4連続ボギーの大波ゴルフ

2019/11/08 16:25


◇日米女子ツアー共催◇TOTOジャパンクラシック 初日(8日)◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6659yd(パー72)

地元・滋賀県出身の松田鈴英が、大波を乗り越えて3アンダー9位タイで初日を終えた。前半9ホールはホールインワンを含む6アンダー、中盤に4連続ボギーをたたくなど1アンダーまで後退したが、上がり2ホールで2バーディ。「本当に波があり過ぎました」と、激しい一日をたっぷりの疲労感で振り返った。

スタートホールの1番(パー5)からバーディを重ね、4アンダーで迎えた9番(185yd/パー3)。6Iを振り抜くと、球はピンに向かってまっすぐに飛び、ワンバウンドでカップイン。プロとして初めてのホールインワンは「嬉しい気持ちと、良いショットだったので気持ちよかった」。同組のニコラ・ラーセン(デンマーク)とエイミー・オルソンが「ワォ!」とハイタッチで祝ってくれた。

だが、イケイケムードは直後の10番で急転する。下り1mのパーパットを外して3パットのボギーとすると、12番からは2度の3パットを含む4連続ボギー。「(10番の3パットを)もうちょっと引きずらないようにしたら、こんなに落ちなかったと思う…」と、中盤6ホールで5ボギーと、前半の貯金を失いかけた。

「気持ちが折れた」という松田だったが、「まだ、アンダーやぞ!」と清水重憲キャディから活を入れられ、17番、18番と2つのパー5を連続バーディで締めて、首位と2打差の3アンダーでホールアウト。それでも、上位フィニッシュの喜びよりも、大きく崩れた中盤のショックが表情に暗い影を落としていた。

地元ギャラリーの声援には、「前半は良いプレーを見せられたけど、後半は“あぁー”っていう感じだった」と苦笑い。「あすはしっかり伸ばして、波があまりないようにしたい」と気持ちを切り替えた松田だったが、滋賀が誇る日本最大の湖・琵琶湖にも、波があることは有名だ。(滋賀県大津市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 TOTOジャパンクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!