ニュース

米国女子TOTOジャパンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

悔しさ残る3アンダー 渋野日向子「気持ちよく終わりたかった」

2019/11/08 18:15


◇日米女子ツアー共催◇TOTOジャパンクラシック 初日(8日)◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6659yd(パー72)

最終18番(パー5)を3パットのボギーとして、渋野日向子は「イライラしかないですね…」と苦々しげな笑みを作った。6バーディ、3ボギーの「69」、首位と2打差の3アンダー9位ながら、「もうちょっと気持ちよく終わりたかった。パットが入っていれば、そのくらい(5アンダー)出せたと思う」と混戦に飲み込まれたことを悔しがった。

同組のレキシー・トンプソンにティショットでは20、30ydの差をつけられた。「距離の差がやばい。『すごい』って言いながら回っていました」というが、好調なショットで自身も多くのチャンスを作っていった。

前半は惜しいバーディパットを決めきれない場面もあったが、9番でチップインバーディを奪うなど、11番までに4アンダー。逆に後半は、1パットのパーが3回と「耐えられるところは耐えたし、ナイスパーも結構あった」と粘りを見せた。

16番(パー3)では、ティショットをグリーン奥のラフにこぼし、2打目は手前に向かって傾斜したグリーンへ打ち上げとなるアプローチ。前週、台湾で練習してきたというロブショットで、「欲を言ったらもう少し寄せたかったけど…65点」と4mにつけると、これをねじ込みパーセーブ。「よく載せて、よくしのげた」とうなずいた。

今週から、パターのライ角を1度アップライトに変えている。「前より少し構えやすくはなったけど、まだスライスラインとかで転がりがあっていない。練習で調整して、あすにつながったらいい」という。

「ちょっと悔しい気持ちがある」と振り返った初日。「この悔しさを明日以降にぶつけたい。きょう以上のスコアを出さないと絶対に上位争いできないので、あすは60台で回りたい」と強い口調で言い切った。(滋賀県大津市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 TOTOジャパンクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。