ニュース

米国女子SBSオープンatタートルベイの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 SBSオープンatタートルベイ
期間:02/14〜02/16 タートルベイリゾート(ハワイ州)

桃子、もっと活躍してギャラリーを引き連れたい!

「Momoko Ueda from Japan」のアナウンスで1番ティに登場した上田桃子。ついに米ツアーメンバーとしての1年がスタートする。多くの日本人ギャラリーの歓声に包まれると、「嬉しかったです」と素直に喜びを表現した。

ティショットは思ったより緊張しなかった。だが、久しぶりの試合で試合勘を掴むのに苦労した。「自分のプレーが遅く感じたし、ジャッジをもっと早くしないといけないと思いました」と、1番ホールのセカンド地点から急に「地に足がついていない感じ」になったという。第2打を奥のバンカーに外すと、下5mに寄せたもののパーパットはカップの右をすり抜ける。全米デビューはほろ苦いボギースタートとなってしまった。

だが、3番パー5で挽回を見せる。このコースは3番グリーンがコースの端にあたり、そこから4番ホールは折り返してくる。上田が3番ティに立ったとき、前の組で回るポーラ・クリーマー宮里藍が見えたという。「ビビッてる場合じゃない」。いつもの戦う気持ちを取り戻した上田は、第2打でグリーン左横まで運ぶと、アプローチを50cmに寄せてバーディを奪い返した。

気持ちの乗らなかった理由の一つに、日本とは違うギャラリーの少なさがあった。「これだけギャラリーが少ないと、練習ラウンドをしているようだった」と上田。日本では大ギャラリーを引き連れてのラウンドが多かっただけに、海外のノンビリした雰囲気に戸惑いもあったようだ。

5番で3m、11番で4m、14番で1mのバーディパットを沈めたが、いくつかのチャンスも逃した。最終ホールでも2.5mのバーディパットを決めることが出来ずに、天を仰いだ。「そこまで甘くはないよって事ですね」。この日もホールアウト後に、暗くなるまでパッティンググリーンで時間を過ごした。

それでも、目標だったパープレイはクリアして、「良いスタートが切れました」と納得の表情を浮かべた上田。デビュー初日は、「久しぶりで長く感じました」と振り返った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 SBSオープンatタートルベイ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。