ニュース

米国女子AIG全英女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 AIG全英女子オープン
期間:08/01〜08/04 ウォーバーンGC(イングランド)

ロープ外でリディア・コーに学んだ3年前 上田桃子が同組対決へ

◇海外女子メジャー◇AIG全英女子オープン 事前(31日)◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585yd(パー72)

上田桃子の海外メジャー出場は、前回ウォーバーンGCで開催された2016年大会以来となる。国内ツアー賞金ランキング上位者に辞退者が出て繰り上がった3年前と違い、今年は自力で出場権(6月30日時点の賞金ランク5位以内)を獲得した。元世界ランキング1位との再会にも胸を躍らせる。

開幕2日前、11歳下のリディア・コー(ニュージーランド)と談笑する姿があった。「リディアから『今年頑張っているね』、『あのとき土日について回っていたよね』って言ってもらった。3年前から結構話すようになって、久しぶりでしたね」と盛り上がった。

2013年まで米ツアーを主戦場にした。14年以降の国内ツアー賞金ランキングで最も悪い35位に終わった16年シーズンの夏場。出場資格を得た選手たちが軒並み辞退し、「全英」への出場機会が訪れたが、通算4オーバーの105位で予選落ちを喫した。「当時は繰り上がり。メンタルに対し重きを置いたこともなかったし、技術だけがすべてだと思っていた」。悔しさからか、決勝ラウンドは当時世界ランク1位のコーの組をロープ外から見て、パットやアプローチの技術を目に焼き付けたという。「あのとき土日に…」の言葉はこれを指してのものだ。

33歳になった今季は、すでに国内2勝を挙げる。懐かしい街並みを横目にランニングしながら「もうここに来ることはないと思っていた。前回打ちのめされていなかったら、こんなにワクワク感はない。また、米ツアーに戻って来て、それなりに頑張れているんだなって、ちょっと思えた。人生はわからない」と感慨に浸る。

「今年は(ロープの外で)ついて回らなくて済むようにしないと。まずはリーダーボードに名前を載せたい。うまくいっても、ダメでも、チャレンジすることで学ぶことが必ずある」。予選ラウンドは奇しくも、コーと同組でティオフする。(イングランド・ウォーバーン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 AIG全英女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。