ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

<ゴルフの神様に愛されている選手には、それなりの理由がある!?>

2010/07/05 11:35


トーナメントの練習グリーンで、こんな光景を見たファンの方も、いらっしゃるかもしれない。グリーンにタオルを敷いて、パッティングのアドレスを取っている選手だ。いま流行の新しい練習法か? タオルの上に立ってストロークすれば、アドレスが安定する?

はたまたラインが読みやすくなる・・・!?

ブー。どれも間違い。これは練習のためでもなんでもなくて、選手たちの心遣いなのだ。
先の「ミズノオープンよみうりクラシック」で、やっぱりそんなふうにして、パター練習をしていた石川遼が明かした。

「パッティンググリーンで長い時間、同じ場所で練習していると、芝にスパイクマークがついてヘコんでしまうんです。翌日には、そこだけ芝が枯れてしまうこともある。それを防ぐために下にタオルを敷くんです。僕だけじゃなく、他の選手もみなさん、やってますよ」。

つまり、タオルは芝生の保護のためだった。石川も証言したように、ずっと同じ位置でストロークを続けていると、スパイクマークだけでなく、ボールの跡さえついてしまうこともある。それだけ、プロのストロークが常に一定していて正確というあかしでもあるのだが、同時にそれが、キーパー泣かせの行為へとつながってしまう。だから出来るだけ、続けて同じ場所で練習しないように、注意を促しているが、それに加えて選手たちのほうでも配慮しているというわけだ。

トーナメントを開催することで、コースが受けるダメージはことのほか大きい。通常営業よりもシビアに刈り込まれる上に、無数の人間に踏みしめられた芝を、再び元通り元気な状態に戻すのは、至難の業だ。選手たちも、それが分かっていて細心の注意を払っている。

そして、コースへの思いやりが強い選手ほど、より強く、ゴルフの神様に愛されていることも事実だ。何者も、愛には愛で報いる。逆にミスをしてコースに当たったり、芝にクラブを投げつけたりする選手が、すんなり優勝出来た試しはないのだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。