ニュース

国内男子JCBクラシック仙台の最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

本戦の18番の3パットを、原動力に変えた神山隆志/JCBクラシック仙台

2004/06/07 12:00


「ふざけんな!くらいのイメージで」

プレッシャーには、目をつぶらない。「あえてマイナス思考を、全面に出していった」。

本戦の18番。残り99ヤードの第2打を打つ直前に、1打差の単独首位に立っていることを知った途端「アドレナリンが出た」。ピン右横に置くつもりのショットを大きくオーバーさせて、奥10メートル。下りの難しいバーディパットを残してしまった。ファーストパットは2メートルもオーバーさせて、返しも外し、3パットのボギー。自ら、プレーオフに足を突っ込んでしまったその悔しさは、あえて引きずったままでいた。そして、その1ホール目の18番ティグラウンドでもういちど、自身への不甲斐なさを思い出したのだ。

「…さっき2パットのパーにしておけば、とっくに勝てていたのに、ふざけんな!!…くらいのイメージで。気持ちを引き締めていったんです」。前ホールのミスパットを勝負への原動力に、中嶋、近藤とのサドンデスにのぞんだのだ。

ここで終わりにしちゃ、もったいないです・・・

前週まで、立っていられないくらいひどい腰痛に悩み、今回は欠場も考えていた。開催週の月曜日に痛み止めの注射を打ってどうにか軽減されたものの、初優勝はおろか、予選通過のイメージさえわかないという状況だった。

だから、2打差3位からスタートした最終日。4番でティショットをがけ下に落としたときも、日体荏原高の後輩で、今週キャディの千光寿さんに向かって思わず苦笑いで、言ったのだ。「結局、最後には今回のことも『良い経験になった』とか、言ってんだろうなあ…」。と、すぐさま千さんは、こう切り返してきた。「ここで終わりにしちゃ、もったいないです」。

この言葉が、神山の気持ちをつないだ。がけ下から、2度斜面にショットをぶつけて、ようやくフェアウェイに脱出。どうにかボギーで切り抜けたこのパー5が、ターニングポイントとなった。

続く5番で第2打を5メートルにつけてバーディ。7番パー5では、ブラインドになった残り209ヤードの第2打を、スプーンで40センチにピタリとつけてイーグルだ。これでトップに躍り出た神山は、そのまま勢いに乗り、Vロードを突っ走っていったのだった。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 JCBクラシック仙台




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。