ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

細川和彦が、今季ツアープレーヤー№1の座に!! /日本ゴルフツアー選手権宍戸ヒルズカップ

2005/07/04 12:00

どちらかといえば、涙もろいほうだ。過去8勝も、思い起こせば涙のシーンのほうが多い。 それでも今回は、絶対に泣かないつもりだった。その決意は、最後の最後にもろくも崩れ去った。

17番で3メートルのパーパットを決めて首位をとらえ、もつれこんだプレーオフ。1ホール目は木と木の間3メートル四方の隙間を脱出するピンチを切り抜けた。 ただひとり、フェアウェイを捉えた2ホール目。 スメイルと今野が、先にパーパットを外した。 これが初タッグのジョー・エドワーズさんと、2人で読みきった4メートルのパーパット。 ほぼストレートのラインは、打った瞬間すぐに「入る」と、確信できた。

地元・茨城の大ギャラリーの歓声に応え、笑顔で握った右こぶし。 駆け寄ってきた長男・和広君を、やっぱり笑顔で抱き上げた。

興奮冷めやらぬままに臨んだヒーローインタビュー。 はじめは笑顔で順調に、受け答えができていた。 でも、途中で妻・玉枝さんがそっとかたわらに立ったとき、こらえきれずに細川は泣いた。 妻の涙を見た瞬間、溢れる思いが頬をぬらした。

難コースに立ち向かったこの4日間だけではない。「もがきにもがいた」4年間だった。 2001年、やはり地元・茨城で開催された大会で、ツアー通算7勝目をつかんだその2週間後。 日本オープン初日に、激しい腹痛に襲われた。ハーフターンでトイレに駆け込んだあとも、下痢が止まらない。 そのまま緊急入院して17日間。ベッドの上で、朝から晩まで点滴を受けたがいっこうに回復しない。 いよいよ精密検査を受けて、「潰瘍性大腸炎」という原因不明の難病と診断されたとき、一度は「俺のゴルフ人生は終わった」と絶望した。

どうにか症状を軽くする方法があるとわかり、気を取り直して治療に励んだが、それでも再発の不安といつも隣り合わせだった。

いまでも治療薬は手放せない。食事にも常に気を使わなければならない。 それでも前向きに、今年から日本体操協会の公認トレーナーでもある山本利幸コーチと組んで、少林寺拳法やボクササイズなどユニークなトレーニング法で、体力維持にも積極的に取り組んできた。

日々の努力で深刻な病いを乗り越えて、たどり着いたこのツアープレーヤー№1のタイトル。

ウェッジウッド社製の優勝トロフィーは、玉枝さんとの約束だった。 この日最終日に35歳の誕生日を迎えた妻のために、絶対に手に入れてみせると心に誓った。

有言実行を果たした宍戸ヒルズの18番グリーン。 自分の胸に抱いた長男・和広君と、玉枝さんに抱っこされた次男・和秋君ごと、その両腕にかき抱いた。 地元・茨城の大ギャラリーが見守る中で、家族4人がさらに絆を深めた瞬間だった。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。