ニュース

国内男子セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

外国勢が猛威を振るう中、片山が孤軍奮闘!

北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブで行われている、国内男子ツアー第14戦「セガサミーカップゴルフトーナメント」の3日目。強い風が吹く難しいコンディション。予選ラウンドを終え、外国勢が上位を独占する中、昨年賞金王の片山晋呉が意地を見せた。

前半で3つスコアを伸ばした片山は、13番パー5でもバーディを奪いトップと1打差まで詰め寄る。その後、16番パー3でバンカーにつかまり一歩後退したが、最終18番パー5では、2打目でグリーン右奥まで運ぶと、そこから絶妙なアプローチを見せて、通算9アンダーの首位でホールアウト。3日間素晴らしいゴルフを展開しているだけに、今季初優勝が期待される。

また、片山と並び首位に並んでいるのは、ジーブ・ミルカ・シン(インド)、林根基(台湾)。さらに、通算7アンダーの4位タイには、この日5つ伸ばした若手ホープ星野英正。通算6アンダーの8位タイには、「日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップ」で復活優勝を果たした“夏男”細川和彦が控えている。

そのほか2日目を終えて、上位につけた宮里聖志宮里優作。3打差の4位タイからスタートした優作は、前半でバーディを奪えず我慢のゴルフが続く。13、14番で連続ボギーを叩き嫌なムードになったが、17番の第2打、バックスピンでピンそばに寄せるスーパーショットを披露するなど、残り4ホールで3つのバーディを奪い、通算5アンダーの8位タイでホールアウト。また、聖志は前半で4連続バーディを決めたが、すぐさま3連続ボギーを叩き後退。結局この日はスコアを伸ばせず、通算4アンダーの19位タイで3日目を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。