ニュース

国内シニア富士フイルム シニア チャンピオンシップ(中止)の最新ゴルフニュースをお届け

国内シニア「富士フイルム」は中止 「プロシニア」は無観客開催

国内シニアツアー「富士フイルム シニア チャンピオンシップ」(11月5日~7日、茨城・江戸崎CC)を主催する富士フイルムホールディングス株式会社は15日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う安全面を理由に開催を中止すると発表した。

大会の賞金の一部を、新型コロナウイルスの影響下で食料提供などを行っている支援団体などに寄付するほか、小学校への除菌製品の寄贈に活用するという。

<< 下に続く >>

前年大会はタワン・ウィラチャン(タイ)がシーズン2勝目を挙げて、賞金ランキング1位を走る3年連続賞金王のプラヤド・マークセン(タイ)に約49万円差と迫り、初の賞金王への足がかりとなった。

また、この日、日本プロゴルフ協会(PGA)は国内シニアのメジャー「日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」(10月8日~11日、茨城・サミットGC)を無観客試合として実施すると発表した。

ツアーは、17日から兵庫県・鳴尾GCでメジャー「日本シニアオープンゴルフ選手権」が行われる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 富士フイルム シニア チャンピオンシップ(中止)




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!