ニュース

国内女子資生堂アネッサレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

アンダーパー3人の最終日 強い雨風で我慢比べ

◇国内女子◇資生堂アネッサレディスオープン 最終日(7日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6513yd(パー72)

朝からの雨に加え、風速8.8m/秒の天候が、我慢比べの展開を演出した。アンダーパーは最終ラウンドをプレーした68人中、優勝した渋野日向子小祝さくら永峰咲希の3人のみ。

<< 下に続く >>

平均ストロークは75.1471と+3.1471で、最難関ホールは打ち上げの15番パー4で平均ストローク4.7206。同ホールでバーディを奪ったのは10mを決めた渋野と、3位の岡山絵里だけだった。

60台の選手はゼロ。この日のベストスコア「70」を出した小祝さくらは、後半14番(パー3)までに5バーディを奪いながら、上がり4ホールで3つのボギーをたたいた。

「運で伸ばしていた感じもあった。風は本当に難しかったし、バンカーからチップインで入ったり、長いパットが入ったりもしていた」。終盤の失速を問われ、「本当に残念。あんまり良いプレーをした感じはないです」と下を向いた。(横浜市旭区/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 資生堂アネッサレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!