ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

前週Vの宮本勝昌に刺激 三ヶ島かな「勝ち方を分かっている感じ」

2019/05/09 19:54


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 初日(9日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

初優勝を目指す22歳の三ヶ島かなは5バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、3アンダーで発進した。風が強くなった午後のスタートだったが、首位と1打差の2位で終え「70点」と自己評価した。「平らなコースはイメージがいいし、硬いグリーンが好き」とコースとの好相性も強調する。

午後0時14分、ペ・ソンウ(韓国)と脇元華とともにアウトからスタート。1番(パー5)で「すごく流れが良かった。メンバーに恵まれた」と3人ともにバーディを奪い、ギャラリーを沸かせて波に乗った。さらに一つ伸ばし迎えた最終18番(パー5)では、奥のエッジから「入るイメージはあった。強かったけど入って良かった」と8ydをチップインさせた。

2016年大会では同じ東コースで初日に4アンダーをマークし首位発進したが、12位で終えた。当時を「カップしか見ていなかった。お騒がせ少女でした」と振り返り、「少しは成長したと思う。いまは疲れてくる時期、練習の仕方やケアも大事。体力の配分はできるようになってきている」と胸を張る。

前週の男子ツアー「中日クラウンズ」では、同じブリヂストンファミリーの宮本勝昌が逆転で12勝目を挙げた。「ルーティンとか雰囲気が、勝ち方を分かっている感じ」とテレビの前でプレーにくぎ付けになった。「ピンチでもチャンスでも同じ顔で、落ち着いていた」とベテランのプレーに感嘆した。

昨年10月には「ブリヂストンオープン」を観戦し「こうしたらすごく喜ばれるんだろうな」と宮本のファンサービスやファンとの距離感も参考にしたという。「一緒に流れに乗りたいな」とブリヂストン勢2週連続優勝を目指す。(茨城県つくばみらい市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。