ニュース

国内女子パナソニックオープンレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

20歳・渋野日向子が自己分析「波に乗ったらドーンと」

2019/05/02 19:39


◇国内女子◇パナソニックオープンレディース 事前(2日)◇浜野ゴルフクラブ (千葉)◇6566yd(パー72)

前週「フジサンケイレディス」を2位で終えた20歳の渋野日向子(しぶの・ひなこ)は今季からレギュラーツアーに参戦。ステップアップ(下部ツアー)を主戦場にしていただけに「ステップは(選手)3人に1人のキャディさんだったけど、1人に1人のキャディがついてくれる。1人味方がいると思うとすごく心強いです」と違いを明かした。

今季の出場資格はQT(予選会)40位。これまで開幕戦を除いた7試合に出場し、うち5試合で予選通過を果たした。出場の優先順位を入れ替えるリランキングで暫定6位(約1028万円)につけている。「アース・モンダミンカップ」(6月27日開幕)後に行われる第1回リランキングに向けて、少しでも賞金を稼ぎ、中盤戦の出場権を狙いたい。

予選通過したものの4月「KKT杯バンテリンレディスオープン」の初日では「81」と崩れた。「初日が出遅れるタイプ」と自身のプレースタイルについて話し、「(いい意味でも悪い意味でも)波に乗ったらドーンといく。ジワジワと順位を上げる」と自己分析した。

ツアー初優勝に向けても期待がかかるが、「先週のことは先週のこと。(コースは)狭くないし、グリーンにも癖がない。飛ばし屋が有利な感じかな。(でも、私は)特に飛ばし屋とかではないので、振りちぎっていきたい」と意気込んだ。(千葉県市原市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!