ニュース

国内女子Tポイント×ENEOSゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

72ラウンドぶりノーボギー 蛭田みな美が今季初の予選通過

◇国内女子◇Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 2日目(23日)◇茨木国際GC(大阪)◇6219yd(パー71)

21歳の蛭田みな美は4バーディ、ノーボギーでこの日のベストスコア「67」でプレー。通算1アンダー9位で今季3戦目にして初の予選通過を果たした。

前半4番では80ydからサンドウェッジで1.5m、5番でも3.5mにつけて連続バーディを奪いリズムにのり「きょうはショットもすごくよかったし、ほぼ全部グリーンにのった。ピンチもなかったです」と声を弾ませた。

2017年「ニッポンハムレディスクラシック」初日以来、72ラウンドぶりのノーボギーラウンドを支えたのが、今週から投入したスコッティ・キャメロンのマレット型パターだ。

「これまでピン型でやっていましたが、ずっとパターが入らなくて。マレットは2年ぶりぐらい。直進性があって、フェースも安定する。自分が打ちたいところに打てる」と説明した。

昨年の最終QTは18位。オフはドライバーの飛距離アップに力を注いだ。父・宏さんが投げるテニスボールを軽い金属バットと重い木製バットで1日30分打ち込んだ。

ヘッドスピードは41.9m/sから42.5m/sにアップし「振る力はあがりました。飛距離も10yd伸びたし、コンスタントに220ydは出るようになりました」と効果を実感する。

首位と4打差で迎える最終日。「イメージは良いコース」と上位フィニッシュを誓った。(大阪府茨木市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。