ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

アンダーパーは2人だけ 最大風速18.7m/秒で平均「+4」

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 3日目(9日)◇琉球GC(沖縄県)◇6514yd(パー72)

大会3日目は横殴りの雨となる中、午前11時48分には最大瞬間風速18.7m/秒を記録した。決勝ラウンドに進んだ全54選手の平均スコアは対パーで「+4.1852」となった。

難コンディションの中、22歳の山内日菜子は首位の比嘉真美子とともに「71」でプレー。アンダーパーで回ったのは2人だけで、5バーディ、4ボギーの内容に「自分でもいいプレーができたと思います。風の計算もできた」と胸を張った。

後半2番では160ydから5UTで50cmにつけてバーディを奪った。「ドライバーショットが右に行って、木が邪魔だったので低いスライスをかけて手前から転がしました」。フェアウェイキープ率71%、パーオン率61%を記録した。

「ゴルフを始めたころ(9歳)から、ドローとフェードの打ち分けをしていて、すごく得意です。昔は風が苦手だったけど、最近やっと風が好きになりました」。予選はカットライン上で通過していたが、通算1オーバーの9位に浮上した。

一方、2打差2位から出た小祝さくらは1バーディ、5ボギーの「76」とスコアを落とした。首位とは7打差になったが、通算2アンダーの2位にとどまった。「風によってリズムが狂ってしまった。(比嘉)真美子さんみたいに風が強い日でも、しっかりとプレーができないといけない。トータルできょうはひどかったです」と気持ちを切り替えた。(沖縄県南城市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。