ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

ミヤギテレビ杯開催へ再交渉申し入れ 選手70人も継続要望/女子ゴルフ

2018/12/28 16:44

国内女子ゴルフツアーの「放映権」の帰属をめぐる対立から、2019年の開催中止が発表された「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」を主催する宮城テレビ放送は26日付で、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)に対して開催を前提に再交渉するよう申し入れた。

LPGAは財源確保やインターネット放送の実施のためとして放映権の一括管理を主張し、各大会の主催者と交渉。今月18日、「日本テレビが降り、合意に至らなかった」(小林浩美LPGA会長)とし、日テレ系列局が主催する「KKT杯バンテリンレディス」、「中京テレビ・ブリヂストンレディス」、「ミヤギテレビ杯」の開催中止を発表した。

宮城テレビ放送は「LPGAとは主に放映権の帰属に関して見解の相違があり、確認すべき内容が多く残っていたが一方的に協議を打ち切られ、開催中止と発表された。非常に残念で遺憾」と反発。また、70人を超える女子プロ選手が25日付で、大会継続を求める連名の「お願い状」を3大会の主催者に郵送した。

これを受け、宮城テレビ放送は「ミヤギテレビ杯を開催する意思に変わりはない。大会の継続を求める選手のみなさんからの声を重く受け止めた」(広報部)とし、LPGAとの再交渉を決めた。

同大会は1973年に始まり、今年まで46回開催された。2006年には当時高校生の宮里藍さんが30年ぶりのアマチュア優勝を飾り、その後の女子ゴルフブームのきっかけとなった。11年に発生した東日本大震災以降は、収益の一部などを県に寄付し復興を支援している。 女子選手の「お願い状」には「被災者の方々を少しでも元気づけられるプレーを見せたい」などと記されていたという。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。