ニュース

国内女子樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小祝さくらは今季4度目の2位「どんだけ2位になればいいんだろ」

2018/10/28 18:21


◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 最終日(28日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6585yd(パー72)

首位と3打差の4位から出た20歳の小祝さくらが、4バーディ、1ボギーの「69」でプレー。通算10アンダーで首位と2打差の2位で終えた。

前半3アンダー、後半2アンダーの計5アンダーを目標に掲げスタート。3番、4番(パー3)で6mを沈め連続バーディとしたが、「そこからずっとバーディが来なかったので結構つらい感じだった」と目標より1打少ない2アンダーで折り返すと、「そういうとこかな。前半の時点でそこに行けなかった」と振り返った。

後半もパーを並べ16番(パー5)でようやくバーディを奪い首位のささきしょうこに1打差に迫ったが、続く17番で10mの上りのパットを2mオーバーさせ、返しの下りフックラインを外し痛恨のボギーをたたいた。

プレーオフで申ジエ(韓国)に敗れた9月の「ゴルフ5レディス」を含め、今季4度目の2位に「どんだけ2位になればいいんだろ」と思わず本音が口をつく。賞金ランキングは菊地絵理香を抜き7位に浮上したが、「賞金(ランク)はあまり気にしていない」と、こだわるのはあくまで優勝だ。

惜敗に肩を落とす小祝だが、ツアー通算50勝の不動裕理もツアー初優勝には76戦を要し、それまでに2位を6回マークしている。(埼玉県飯能市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。