ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

初めてのプレーオフ 小祝さくらが感じた「すごい圧」

2018/09/02 19:34


◇国内女子◇ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 最終日(2日)◇GOLF5カントリーみずなみコース(岐阜)◇6545yd(パー72)

土砂降りの雨の中、18番の繰り返しで行われたプレーオフ2ホール目。申ジエ(韓国)が50cmのウィニングパットを沈めると、初優勝を逃した小祝さくらは笑顔を浮かべて握手を求めた。

「一度でいいからプレーオフをやってみたかった。いい勉強になったが、集中力がないなと思った。申ジエさんはすごい『圧』があった」

通算14アンダーで初めてのプレーオフに突入すると、1ホール目は両者パー。2ホール目に突入する前に雷雲接近のため、午後2時46分から1時間34分の中断を挟んだ。ロッカールームではフルーツを口に入れながら、再開を待ったものの「集中力がないなと思った。プレーオフは2ホールともにティショットがラフで、いいライに置けなかった。自分の実力」と唇をかんだ。

今季は3試合で最終日を首位でスタート。いずれも悔し涙を流してきたが「今回はいつもと違ってパットが入ってくれたし、惜しいところまでいけた」と前向きだ。パーオン率は初日89%、2日目94%としたが、優勝のプレッシャーがかかった最終日は56%とショットの精度が大きく低下しており、課題は明確だ。

「こういうチャンスはめったにないし、気持ちを切り替えて練習したい。次は優勝しかない」と次週の国内女子メジャー「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」での雪辱を誓った。(岐阜県瑞浪市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。