ニュース

国内女子NOBUTA GROUP マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

「忘れられない一日」 42歳のカン・スーヨンが現役を引退

◇国内女子◇NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 最終日(21日)◇マスターズGC (兵庫)◇6528yd(パー72)

心労などを理由に今大会で現役を引退する42歳のカン・スーヨン(韓国)が、通算1オーバーの34位タイでラストゲームを終えた。2011年から日本ツアーに加わり通算3勝をマークしたが、最後のラウンドは3バーディ、3ボギーの「72」。最終9番では仲間たちに出迎えられ、涙を流しながら惜別の抱擁を交わした。

最後に残した約30cmのパーパット。カンは一度アドレスを解き、再びラインを読む姿勢をとってうつむいた。「このパットを入れたら、もうグリーンを踏むことはないんじゃないか。そんな思いで胸がいっぱいだった」。数秒後に顔を上げてゆっくりとボールに歩み寄り、最後のパットを沈めてパーフィニッシュ。観衆から大きな拍手を浴び、「温かく、寛大な拍手で迎えられたことは忘れません。感謝の気持ちでいっぱいだし、生涯で忘れられない一日になったと思う」と、いっぱいの笑顔で答えた。

現役最後のラウンドを終えた気持ちを、「心の片隅に穴があいたような、寂しい気持ち」と表現。「今は少し休みたい。韓国で3年、アメリカで10年、日本で8年プレーを続けてきて、休める時間があまりなかったから」と、しばらくは母国で静養に努めるつもりだ。

今後は、韓国のソウル近郊にある自身が主宰するゴルフアカデミーに戻り、若手の育成に携わる予定。「後輩を支えていきたい」と話し、これから迎える第2の人生を思い描いた。(兵庫県三木市/塚田達也)

関連リンク

2018年 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~