ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

苦しさと勝利と…ささきしょうこが向き合う「自分」

◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日(7日)◇東名CC(静岡)◇6571yd(パー72)

「ずっと体は万全ではなかった。自分が自分じゃない感じがした」。自らの体調と向き合い続けたささきしょうこは、ツアー通算2勝目に涙を抑えきれなかった。

最終盤までもつれた新垣比菜との優勝争いは、17番で1打差をつけた。先にバーディパットを外した新垣に対し、3mを決めた。最終ホール(パー5)のグリーン上では「全然手が動かなかった」が、着実に2パットでパーを拾い、競り勝った。

「ゴルフのこと、ほかのこと。色々なことで悩んだ」。昨季は試合を3回棄権した。睡眠薬を飲まないと眠れない時期もあった。

今季の開幕前には父・修治さん(58)に「もうやめようかな…」と漏らした。ただプロになると決意した9歳のとき、父は仕事を辞めた。実家を売却し、両親は一人娘のサポートにすべてを捧げてきた。簡単にはやめられない。

今季の目標を優勝から大きく下げた。「棄権しないこと」。その目標は遂げている。優勝争いの緊張感に襲われる前夜は、友人に電話で相談した。

いまも、めまいなどは出る。2季ぶりの優勝。「苦しかった。でも、これも私だと思えるようになった。これからもこの自分とやっていきたい」と前を向く。(静岡県裾野市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。