ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

新垣比菜は終盤に競り負け「経験積んで強くなる」

2018/10/07 17:43


◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日(7日)◇東名CC(静岡)◇6571yd(パー72)

首位タイから出た新垣比菜は「70」で回り、通算9アンダーの2位に終わった。終盤までもつれた優勝争いは1打差で競り負け。4月「サイバーエージェント レディス」以来のツアー通算2勝目を逃し「悔しい。経験を積んで、強くなりたい」と必死に前を向いた。

同じ最終組のささきしょうこと序盤から伸ばし合ったが、前半8番(パー5)でダブルボギーをたたいた。フェアウェイバンカーからの2打目に7Iを使い「トップさせた。自分のミス」とアゴに当て、ボールは同じバンカーに戻った。カラーからの5打目を1.5mに寄せながら、このボギーパットを外し、ささきに3打離された。

「ショックだったけど後半に向けすぐに切り替えた」とジワリ差を詰めた。3.5mを決めた16番(パー3)に再び首位をとらえ「残り2ホールで一つは絶対に獲りたい」。17番で7mのスライスラインを強気に放った。「途中で入ったと。ただ思ったより速かった」。カップ右フチに蹴られ、両膝を折り曲げた。同じラインのバーディパットを冷静に沈めたささきに勝利が舞い込んだ。

最終18番(パー5)では左ラフからの2打目を再びラフに入れ「そこがすごく悔しい」。前日と同じミスを繰り返し、大きく落胆した。ただ、朝から続いた緊張を抑え「アンダーで回れたのは良かった」と最も苦手とする最終ラウンドで伸ばした。現時点では今季残り試合(7試合)すべてに出場する予定だ。「また優勝を目指して頑張りたい」と話した。(静岡県裾野市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。