ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

シード初獲得に前進 日本勢最高位の大出瑞月&濱田茉優

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(9日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

日本勢最高位の通算5アンダー4位タイに入った濱田茉優大出瑞月は、ともに初めてのシード権獲得へ大きく前進した。賞金ランキングで、それぞれ27位(約2852万円)、35位(2190万円)に浮上した。昨年の実績で、シードのボーダーラインの50位は2238万9466円(大山志保)だった。

今大会をランク64位で迎えた大出は6月の「ヨネックスレディス」(2位タイ)以来となる今季2度目のトップ5入りを決めた。「去年が全然ダメ(ランク85位)で、今年も去年くらいの調子だった」と悶々としたシーズンを送っていたが、最終日を「頑張ってシードに近づけたらいいなと思っていた」と11位タイで迎えた。

最終18番のボギーを残念がったが、4バーディ、3ボギーの「71」で回った。大雨の厳しいコンディション下で「平常心を心掛けてやっていました。今まではイライラしてどうにもならないことが多かった」というところを、闘志を胸にしまい「頭の中でずっと音楽を流して」対応。この日は男性ダンスグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の歌を選曲した。

初日を首位タイで滑り出した濱田は、前週の「ゴルフ5レディス」の3位に続く上位フィニッシュ。前半アウトを1ボギーで耐え忍び、「ずっと苦しいのが続くわけがないと思ったら、バーディが来た」。折り返し直後の10番で残り136ydの第2打をピンそば1mにつけてバーディ。続く11番(パー5)は3mを沈めて2連続とした。

週末に2日続けて「71」でまとめ、「雨風の中、よく耐えられたと思う。4日間、長くつらかった。パットが入ってくれて最終日もアンダーパーで回れて良かったです」と納得した。男子プロの井上忠久に師事し、2年以上「低くフォローを出すように」とパッティングストロークの修正に取り組んできた。「やっと少し、自分の感覚と合ってきた」ところだ。

大阪・堺市にあるコーチのレッスンスクールは、台風の影響で屋根が破損したという。ビッグな賞金は“恩返し”にも充てられそう。7日に向かえた23歳の誕生日に自ら花を添え、「最終戦(ツアー選手権リコーカップ)と(米ツアーを兼ねた日本ツアー)TOTOジャパンクラシックに出たい」と雨水をぬぐった。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。