ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「こだわる」鈴木愛 賞金女王争いはトップ陥落

2018/09/09 17:06


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(9日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

右手首痛の影響で2カ月にわたって戦列を離れていた鈴木愛は、復帰戦を通算2オーバーの26位タイで終えた。申ジエが今季3勝目を挙げて賞金ランキングトップに、アン・ソンジュ(ともに韓国)が2位に浮上し、昨年度の賞金女王は“定位置”からランク3位に陥落した。

アウトスタート全体トップの組でプレーした最終ラウンドは、2バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「74」で終えた。後半10番で1m強から3パットのダブルボギーをたたき、この日もグリーン上で苦労したが「全体的には思ったより悪くなかった。スコアに結びつかなかった」と復帰戦としては及第点。「1日1回『えーっ!?』というようなミスがあったので、それがなければ余裕でアンダーパーで回れたと思うし、トップ10にも入れたと思う」と手応えを感じた。

患部の痛みについては「ゼロとは言えない」とし、10日(月)に医師の診察を受けるという。次週14日(金)開幕の「マンシングウェアレディース」(新南愛知CC美浜コース)は「先生にOKがもらえれば出たい」と意欲を示した。

戦線離脱を経て賞金トップの座を譲る覚悟をしていたとはいえ「申ジエさん、アン・ソンジュさんの調子がいい。残り試合が大事になる。次のメジャーに備えられるように、少しずつ調子を上げていければ。焦らずやっていきたい」とライバルたちの様子も気にしながら、3週後のメジャー第3戦「日本女子オープン」(千葉CC野田コース)をにらむ。

目指すのは2年連続の賞金女王のタイトル。「こだわってます。申ジエさんには負けません」(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。