ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

暗闇のホールアウト 小滝水音は“ヒヤヒヤ再現”で決勝へ

2018/09/07 19:53


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(7日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

コースに早朝から降り注いだ雨は、正午にかけて勢いを増した。コースコンディションが悪化したため、午前11時59分から18分間の中断を挟み、“午後組”のティオフはそれぞれ30分以上遅延。その後は薄曇りが続いたが、インコースから出た最終組は日没後の午後6時23分、暗闇の中でホールアウトした。

<< 下に続く >>

この最後のグループで、81位タイから出た小滝水音(こたき・みお)は、2バーディ、1ボギーの「71」で回り、通算1オーバー44位タイで予選を通過した。日没が迫り、視界が悪くなったところ、「残り2ホールくらいで競技委員から『どうしますか?やりますか?』と聞かれた」という。「今日中に終わりたかった。あしたは雨予報。朝からの再開は厳しい。これくらいの暗さならやってしまおう」と、同伴競技者とプレー続行の意思を示した。

最終9番ではティショットから「球の出だしは見えるけれど、落ちどころは見えない」状態だった。残り147ydの第2打を8Iでピン左6mにつけた行方は「拍手で(グリーンにのったのが)分かりました」。普段よりも読みにくくなったスライスラインを外してパーとしたが、「(予選通過は)大きいですね」とニコリ。第2回のリランキングが2週後「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」(宮城・利府GC)終了後に迫っていることもあり、胸をなでおろした。

1998年生まれで、日本女子プロゴルフ協会89期生の“黄金世代”のひとり。米ツアーで戦う畑岡奈紗とは同じ茨城出身で、幼いころから仲がいい。

昨年の最終プロテストは今週と同じ小杉CCで行われた。小滝は3日目を終えて2位タイにつけていたが、最終日に通過者でワーストの「75」をたたいて12位でフィニッシュ。「最終組で回ったのに…。(新垣)比菜ちゃんと『これ、大丈夫かな…』と言いながら終わったのを覚えています」と冷や汗ものでプロ入りした。「でも良い思い出が残っています。好きなコースなので。トップ10に入りたいですね」。残り2日で記憶をさらに良くしたい。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!