ニュース

国内女子北海道meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

92年会の福田真未がV 青木瀬令奈「次は私が…」

2018/08/05 18:47


◇国内女子◇北海道meijiカップ 最終日(5日)◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6493yd(パー72)

首位と3打差の2位から出た青木瀬令奈は5バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、通算12アンダーの3位で54ホールを終えた。

前半3番でボギーが先行し「流れにのれない部分もありました」と序盤を振り返る。それでも6番(パー5)、7番(パー3)と連続バーディを決め、16番でもロングパットを沈めてバーディと優勝争いに食らいついた。

「きょうは組の雰囲気がすごくよかった」。福田真未申ジエ(韓国)と3人で15のバーディを奪いあう最終日最終組にふさわしい展開。優勝した福田とはプライベートでも仲がいいが「真未はピンチのないゴルフでしたね。16番のパットを沈めたときに勝つと思いました」。ホールアウト後には「よく頑張ったね、おめでとう」と声をかけプレーをたたえた。

2年前に1992年4月~93年3月生まれの同年代が集まる“女子プロ92年会”を結成し、優勝者が食事を御馳走するのが通例だという。メンバーは福田真未葭葉ルミ成田美寿々フェービー・ヤオ(台湾)、イ・ミニョン(韓国)など豪華な面々。「今回は真未のおごりが決定しました」と笑顔で話した。

2017年6月の「ヨネックスレディス」でツアー初勝利を挙げたが2勝目には届かなかった。同年代に2勝目の先をこされ「次は私がみんなにご飯をごちそうしたい」と悔しさを飲み込んだ。(北海道北広島市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 北海道meijiカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。