ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

2年ぶりに父とのタッグ 手負いの藤田さいきが上位争い

2018/05/04 20:28


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 2日目(4日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6715yd(パー72)

ケガを抱えながらの上位争いに満足気な表情だった。32歳の藤田さいきは5バーディ、4ボギーの「71」でプレーし、首位と3打差の通算2アンダー3位タイ。父の健さんをキャディに据え「今週は出られるか分からないような状態だった。こんな位置で回れて、(父に)見てもらえてすごく良かった」。

前週「サイバーエージェント レディス」初日に左手親指の付け根を痛め、途中棄権。「骨は大丈夫だけど、炎症してねんざのような感じ。注射も打った。朝も(試合で)打てるかなって感じだった」。朝の練習はパターだけにとどめたが、暖かい陽気の下で後半10番までに3つ伸ばした。

風が吹き出し冷え込んだ終盤に「ちょっと寒くなってくると痛いので、最後は振れなくなっちゃって…」と上がり3ホールで2ボギーを喫したが、「2日間アンダーを出せて、最高だと思う。位置も良いので、自分をほめたい」とうなずいた。

「決まっていたキャディさんが急きょダメになって。ハウスキャディにしようかと思ったら(父から)やりたいと言われて」と今週、約2年ぶりに父にキャディを託した。2011年から病魔と戦い、悪性リンパ腫や急性心不全を患ったこともある父に「風に対してなど的確なアドバイスをくれるので聞きやすかった」と感謝した。

「前回一緒にやったときは予選落ちしちゃったから、父もこの位置になって楽しんでもらえていると思う。やっぱり外で見るより、ロープの中で見る方が“特等席”なので。すごく良かった」と声が弾んだ。

この日の唯一の反省は最終18番。2mほどのパーパットを外して3日目の最終組を逃すと、父に「イ・ジョンウン6さん見たかったな~」と冗談で言われた。笑顔で締めながら、痛めた左手にムチを打つ。(茨城県つくばみらい市/林洋平)

関連リンク

2018年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~