ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

「九州小学生ゴルフ大会?」三浦桃香は勝、新垣と初日同組

国内女子◇スタジオアリス女子オープン 事前情報(5日)◇花屋敷GCよかわコース(兵庫県)◇6332yd(パー72)

19歳の三浦桃香はプロアマ戦で入念に調整し「アイアンの精度が問われるコースだなと思いました。砲台グリーンが多いので、しっかり止まる球がないとチャンスは来ない。難しいですよね」と警戒感を示した。

地元・宮崎で行われた「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の最終日は最終組でプレーしたが、嘔吐するなど体調は最悪だったと振り返る。「緊張かと思っていましたが、たぶん、胃腸炎。熱も38度ぐらいありました」。続く前週の「ヤマハレディースオープン葛城」も影響が続き、2日目のスタート前に体調不良で棄権した。

その後は現地のホテルで安静にして体力を回復。4月2日(月)に兵庫入りした。「火曜日までゴルフを一切せずに休みました。今は熱もないですし、花粉症だけですね」。鼻をすすりながらも、笑顔を見せた。

初日は同学年でもある勝みなみ新垣比菜ら“黄金世代”のメンバーと同組となった。「“九州小学生ゴルフ大会”みたいな気分でゴルフができます。昔から知っていますし、おしゃべりしながらラウンドできるかな」。鹿児島出身の勝、沖縄出身の新垣とはジュニア時代から切磋琢磨してきた旧知の仲だ。

「試合勘が戻るか分からないですけど、予選通過を目指して一打一打真剣に頑張りたい」と最後まで謙虚な言葉で初日を見据えた。(兵庫県三木市/玉木充)

関連リンク

2018年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~