ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

輝いて見えた“ジャンボウェッジ” 原英莉花をV戦線に踏みとどまらせたもの

2018/03/24 19:08


◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 2日目(24日)◇UMKCC(宮崎県)◇6505yd(パー72)

首位と3打差の通算7アンダー6位につけた19歳、原英莉花は「後半16番から輝いてみえた」とおどけ気味に58.5度のウェッジを握りしめた。鉛色のヘッドに刻まれた“Jumbo”の文字。マスダゴルフのもので「これ、ジャンボ(尾崎将司)さんにいただいたものなんです」。

上がり3ホールで迎えたピンチとチャンス。ティショットをダフった16番(パー3)は、残り20ydから寄せてパー。続く17番でも2打目をミスしたが1.5mにつけてしのいだ。「絶対バーディが欲しい」という18番(パー5)は、18ydからの3打目をOKに寄せて優勝戦線に踏みとどまった。

「最後の3ホールの寄せは、すべてこのウェッジ。活躍してくれました」と、師匠で男子ツアー94勝を誇る尾崎将司に感謝した。この日使用したウェッジはジャンボから譲り受けた「3代目」と話し、「ジャンボさんがウェッジを削ってくれるんですよ」とにっこり笑った。

湘南学院高時代からジャンボ邸に通い、最初にウェッジをもらったのは2年前。「高いボールしか打てなかったのが、低くてスピンの効いたアプローチを教えてもらった。理想より高い球しか出なかったときに『これで打ってみろ』と。それで良くなってきて『じゃあ、それでやる』となったんです」。

昨年はジャンボが出場する2試合を観戦し「入りそうなアプローチをずっと打っていて『やっぱりすごい』と改めて思った」と興奮気味に語った。首位の三浦桃香新垣比菜ら、同世代が入った混戦の優勝争い。「ショットが乱れてきたところもあったけど、最後のバーディでつながった」と最終日に向けて気持ちを高めた。(宮崎県宮崎市/林洋平)

関連リンク

2018年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~