ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

首の痛みでクラブ振れず 大山志保は半年ぶり復帰に黄信号

2018/03/22 17:41


◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 事前情報(22日)◇UMKCC(宮崎県)◇6505yd(パー72)

頸椎椎間板ヘルニアで昨年9月「マンシングウェアレディース東海クラシック」を最後に長期離脱していた40歳の大山志保は、開幕前日のプロアマ戦で首に痛みを訴えた。最後の5ホールはクラブを振れず、「歩いて回った」。昨季は賞金ランキング50位に滑り込み、今季のシード権を確保したが、地元での6カ月ぶりの復帰に黄色信号がともった。

6番から出て12番で1Wを振った際、首の右側に痛みが生じた。その後6ホールは「なんとか回ったけど、18番を終えてからは(プレーをやめて)同組の方たちにレッスンしていた」。この日の気温は10度前後に冷え込み「ショットで痛みが出ているのかは自分でもわからない。寒さもあったからだと思う」と振り返った。

ケガをしてから今年の2月3日に初めてクラブを握った。「(沖縄の)開幕戦には間に合わないから、2戦目の高知で復帰を目標にしてきた。順調にできていた」が、2月末に痛みを再発させて2戦目を欠場した。前週の16日(金)に東京都で整体師に見てもらい「それで急に良くなって、土曜日から練習をできていた。19日(月)に今週は出ようと決断していたんですが…」と落胆した。

明朝の状態で出場判断を下すが、「いまから治療をしてどれだけ回復するか。いまの状態だったら3日間は持たない。すごく残念な気持ちだけど、これから先のことを考えて決めたい」と慎重に語った。(宮崎県宮崎市/林洋平)

関連リンク

2018年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~