ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

幸運を確信する2イーグル 上田桃子が大逆転女王へ望み

2017/11/18 16:48


◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 3日目(18日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6550yd(パー72)

逆転賞金女王へ望みをつなぐビッグスコアだ。8打差を追った上田桃子が2イーグルを記録したほか5バーディ、1ボギーとし、自己ベストタイの「64」をマーク。首位と2打差に詰め寄る通算12アンダーの2位タイに浮上し、今季3勝目を視界にとらえた。

今週を前にした賞金ランキングは6位。1位の鈴木愛との3430万1654円差を逆転するには、今週と次週「LPGAツアー選手権リコーカップ」の2連勝が最低条件(※)となる。

好調が続くショットは週末に入りいっそうの輝きを増し、この日のパーオン率は100%を記録。後半インで飛びだした2つのビッグプレーが加速を後押しした。120ydを残した10番の2打目では、PWで直接カップに沈めて1つ目のイーグルを奪う。さらに17番(パー5)では200ydから3UTで2オンに成功し、2.5mのチャンスを決めてガッツポーズ。自身初の1ラウンド2イーグルを記録し、一気に駆け上がった。

今季7個目のイーグルとして比嘉真美子(8個)に次ぐランキング2位に浮上したが、「イーグルは運だと思っているので、気にはしていない」と数字への感心は薄い。17番で手にした3UTも、195yd前後の長いパー3対策のために4UTから挿し替えたものだという。「きのうまではツイていなかったけれど、後半になってツイてきた」と、あくまで幸運を強調した。

開幕前日のプロアマラウンドでも同じ17番でイーグルを決めており、今週だけで3つのイーグルを記録。「3つもイーグルを獲れてハッピー。この運を、良い流れにつなげられればいい」と笑顔を向けた。(愛媛県松山市/塚田達也)

(※)上田桃子が優勝しても、鈴木愛が単独2位(900万円の加算)で終えた時点で賞金タイトルの可能性は消滅する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!