ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

曲がらない1Wにひらめきクロスハンド 東浩子が首位浮上

2017/09/08 19:24


◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(8日)◇安比高原GC(岩手県)◇6640yd(パー71)

QTランク42位の東浩子が5バーディ、1ボギーの「67」でプレーして通算4アンダー首位タイに浮上した。出場選手127人中、この日アンダーパーをマークしたのは8人だけ。「67」はこの日の最少スコアで、初日27位から順位を上げた。

<< 下に続く >>

1番から出た東は4番(パー3)で、8Iで放ったティショットを2.5mにつけてバーディを先行。続く5番(パー5)ではラフから残り87ydの第3打を3mに寄せて2連続とした。折り返した10番をボギーとしたものの、「きのうの雨の影響でグリーンが思ったよりとまってくれたので、ピンを狙っていけた」と、後半に3つのバーディを奪った。

メジャーの舞台・安比高原GCのフェアウェイ幅は20~25ydと狭い。正確なアイアンショットに加え、前週を終えてフェアウェイキープ率ツアー2位(79.2308)の持ち味を存分に発揮した。

今季は24試合に出場して、予選落ち9度。「パーオン率、フェアウェイキープ率が良い中で、なかなか上位争いに食い込めないもどかしさを感じていた」という。そんなときに思いついたのが、クロスハンドグリップでのパッティングだ。ロングパットやチャンスにつけたときに行うことで「体のクセでオープン気味になってしまうアライメントが、クロスに握るとスクエアに構えられる」と気づいた。

ところで、東のサンバイザーには「全英オープン」を4度制したトム・モリス・シニアの言葉「Never Up, Never In」(届かなければ入らない)と書かれたマーカーが光る。「あきらめるな?って意味でしたっけ?」。いや、それは「Never give up」。

待ち受けるメジャーの決勝ラウンドが厳しい舞台であることは百も承知。「その中で自分の持ち味を生かせるようにガンガン行きたい」と意気込んだ。(岩手県八幡平市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!