ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

優勝はまだ想定外?ケガからの完全復帰を望む一ノ瀬優希

2017/09/07 19:06


◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(7日)◇安比高原GC(岩手県)◇6,640yd(パー71)

ツアー3勝を挙げている一ノ瀬優希が6バーディ、2ボギーの「67」でプレーして、4アンダーの首位。前週まで6試合連続予選落ちが続く苦しいシーズンを送っていたが、13年5月の「ほけんの窓口レディース」以来4年半ぶりの首位発進に笑顔を見せた。

「暗くなってきて、自分とボールの距離感に違和感を覚えた」としながらも、日没迫った終盤の17番では9m、最終18番(パー5)では、残り117ydの第3打はあわやイーグルのスーパーショットでピンそば50cmに寄せ、連続バーディ。「うれしい。できすぎです」とこの日のプレーを振り返った。

14年には左胸郭出口症候群で公傷制度を適用。負担のかからないようなスイング改造に取り組んだものの、昨年は左手親指を負傷するなど近年はケガに苦しめられてきた。今季は21試合に出場して予選通過は9回のみと、復帰への道のりは決して平坦なものではない。

この日の好成績は「CATレディース」から再びスイング改造に取り組んで、「結果よりも、まずはやるべきことをやろう」と無欲に臨んだ結果だという。「まだ初日。残り3日もきょうのようにしっかりとスイングを意識しながらプレーできるかどうか」をカギとした。

再スタートに懸ける思いを尋ねられた一ノ瀬は「プロスポーツ選手だから結果を出すことが一番だとは思っている。優勝はしたいけど、(今の状態だと)その前にやるべきことをやってから」と謙虚な回答にとどめた。(岩手県八幡平市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。