ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

中国の五輪代表候補 22歳フォン・スーミンが「アジア枠」で出場

◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前情報(6日)◇安比高原GC(岩手県)◇6640yd(パー71)

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の創立50周年に当たる今年。今季の国内公式第2戦「日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯」は、アジアナンバーワンのメジャー大会を目指すことをコンセプトに掲げ、出場枠に「LPGAが特に認めたアジア地域の女子プロゴルファー」を追加した。この資格で出場するのが中国の22歳フォン・スーミンだ。

<< 下に続く >>

フォンは中国ツアーを経て、2015年のQTをトップ通過して米国ツアーに参戦中。テネシー州のヴァンダービルト大2年時に在学する現役女子大生でもある。世界ランキングは現在212位だが、中国では世界ランク6位のフォン・シャンシャンらとともに、2020年の東京五輪代表候補として名が挙がる有望選手だ。

身長は178cmと今大会の出場選手では最も長身で、平均飛距離は250~260yd。アマチュア時代の2011年と13年には「サントリーレディス」でプレーした経験もあり、「日本の試合は雰囲気も良いし、マナーもすばらしい」と日本を好きになった。東日本大震災の復興支援を掲げる今大会に強く関心を寄せたことも、出場を決めた理由のひとつだという。

「競争の激しい日本ツアーで、良い成績を残したい」と意欲を示した。米ツアーの賞金ランクは96位。80位以内に付与されるフル出場権の圏内を目指し、次週の海外メジャー「エビアン選手権」から米ツアーに戻る。つかの間の日本でどんなプレーを見せてくれるだろうか。(岩手県八幡平市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!