ニュース

国内女子KKT杯バンテリンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

完全アウェーでつかんだ2勝目 34歳・西山ゆかりのネバーギブアップ

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日(16日)◇熊本空港CC(熊本県)◇6452yd(パー72)

“完全アウェー”で手にしたタイトルだ。地元熊本県出身の上田桃子に土壇場で追いつき、プレーオフで競り勝った。通算2勝目を挙げた34歳の西山ゆかりは「ネバーギブアップですよ」と笑顔を見せた。

<< 下に続く >>

2打差で上田を追った最終18番(パー5)。3mのスライスラインを決めてバーディを奪った。80センチの上田のパーパットを前に「無心でした。勝負の世界なので、徹さないといけない」。ボギーとした上田をとらえてプレーオフに持ち込み、1ホール目で勝負を決めた。

西山にも背負うものがあった。キャディを務めた大庭長人さん(55)は熊本県出身。昨年の地震で、避難所生活を余儀なくされた。西山は「一緒に喜べたら良い。途中で桃ちゃんが勝つのかなと思うこともあったけど、最後まで粘れた」と振り返った。

2015年以来となる念願の2勝目は、狙って取った。師匠の芹澤信雄は1987年に初優勝すると、89年に2勝目を挙げた。「それを聞いて私も(初勝利2年後の)今年の優勝を狙っていたんですよ」と舌を出した。

この日の気温は28度。汗ばむ陽気に疲労はたまる。18歳でゴルフを始めた遅咲きは、20代の若手選手が多い中で、連戦を続けた。15年シーズンから休んだ試合は昨年の「大東建託・いい部屋ネットレディス」だけ。これも海外メジャー「全英リコー女子オープン」に出場するためだった。

ケアは怠らないが、体の節々に痛みが出るようになってきた。「でも前日痛くても、翌日には治ってたり?自然治癒ですかね~?」。天然ぶりを発揮する34歳は、3勝目に向けて突き進む。(熊本県菊陽町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 KKT杯バンテリンレディスオープン




特集SPECIAL

松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!