ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらも参戦 国内開幕戦に米ツアーから5人集結

国内女子ツアーの今季開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」(3月2日~/琉球ゴルフ倶楽部)の出場選手が7日、発表された。畑岡奈紗宮里藍に加え、宮里美香横峯さくら上原彩子の米ツアーメンバー出場も決まった。節目となる30回大会に、日米ツアーから豪華メンバーが集結する。

畑岡は今大会初出場。「出るからには優勝を狙いたい。今シーズンは米ツアーが中心となりますが、まずは来シーズンの米ツアーシード権を獲得することが目標」とコメントした。次週から2週間はオーストラリア、タイと米ツアーを転戦し、3連戦目となる沖縄に乗り込む。

6年ぶり9回目の出場となる宮里藍は「6年ぶりとなりますけど、沖縄というアドバンテージを力に頑張りたい」と、2004年以来となる地元優勝を目指す。2年ぶりに出場する横峯は「落ち着いて自分のプレーをしたい。30回目の記念大会を少しでも盛り上げていけるように優勝目指して頑張ります」とした。

国内メンバーでは、3年連続の賞金女王がかかるイ・ボミ(韓国)、前年優勝のテレサ・ルー(台湾)のほか、笠りつ子鈴木愛渡邉彩香ら昨季の賞金ランク上位勢がそろって出場する。昨年の最終予選会を32位で通過した諸見里しのぶも、14年連続でホステス大会にエントリー。復活をかけたシーズンに臨む。

関連リンク

2017年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~