ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

元・天才少女 高橋恵がイップス乗り越えプロ初勝利に王手

◇国内女子◇LPGA新人戦 加賀電子カップ 初日(8日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉)◇6526yd(パー72)

今年のプロテスト合格者21選手による2日間競技が開幕。20歳の高橋恵が4アンダー単独首位で滑り出した。アマチュア時代の2010年、13歳にして下部ステップアップツアー「ANA PRINCESS CUP」で優勝。その後は「天才少女」としての期待に苦しみ、不振を極めたが、後続に2打差をつけてプロ初勝利のチャンスを手繰り寄せた。

その名をとどろかせたのは6年前。中学2年生だった高橋は下部ツアーではあるが、並み居るプロを押しのけ、下川めぐみ金田久美子をプレーオフで破った。いまも残る史上最年少優勝の快挙。「女・石川遼」の声も上がるほどの注目度だった。

「あのときは勢いだけで…」と振り返った当時、周囲の期待は少女を飲み込んだ。不調でなくとも、好結果が出ないと「どうしたの?」と心配された。「苦しかった」と言う時期。吹っ切れるまでには5年かかった。昨年、初めて受けたプロテストは不合格。パターイップスから「50センチのパットも一切入らなかった」が、絶望の淵から転がり落ちて吹っ切れた。「もう深く考えない。パターの練習もしばらくやめよう」と気持ちを軽くしたことで、状態は徐々に上向いたという。

この日の最終18番を5アンダーで迎えた高橋は、残り140ydの2打目を8Iで左サイドの池に入れた。4打目で乗せて、残った2.5mのボギーパット。下り傾斜に対応してねじ込んだ。「決まってよかった」とニッコリしたのは、イップスを克服した証しでもあった。

今月の最終予選会では7位で来シーズンのフル出場権を手にした。今大会は不動裕理横峯さくら上田桃子森田理香子らが制した若手の登竜門。「いつか賞金女王になりたい!」。迷えたかつての天才少女は、迷うことなく言い切った。(千葉県長南町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。