ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

“大波ゴルフ”を反省…渡邉彩香「慎重に」首位発進

2016/11/24 17:00

◇国内女子◇LPGAツアー選手権リコーカップ 初日(24日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6448yd(パー72)◇ メジャー初制覇へ好発進だ。ツアー通算3勝、今季未勝利の渡邉彩香が5バーディ、1ボギーの「68」でプレーして、4アンダー単独首位で滑り出した。

559ydの2番(パー5)で残り80ydの第3打を52度のウェッジでピンそば30cmにつけてバーディが先行。グリーン右手前ラフからの3打目を2mに寄せてバーディを奪った9番(パー5)は、「昨年は手に負えなかった」というティフトン芝からのアプローチだったこともあり、重点的にショートゲーム強化に充ててきた1年の成長を感じられたようだ。

この日は、多くの選手が苦戦する高麗グリーンも攻略し、6番では手前から約20m、15番では15mのロングパットを沈めてスコアを積み上げた。

今季31試合に出場中、トップ10入りは9度。安定感という点では、本人も物足りないと思っているに違いない。前週の「大王製紙エリエールレディース」では、2日目の前半9ホールで「31」をマークして上位争いに加わりながら、後半9ホールは3つのダブルボギーとクアドラプルボギーで「45」をたたき、とんでもない大波ゴルフで予選落ちした。

「良い感じで来ていたのでショックだったけど、ショットで曲がったのは3~4発。一番ひどいときに比べれば・・・と思って」。折れそうな心をなんとか最終戦へ向けて立て直してきた。「良くなっているという感覚を自信にして今週はやるしかない。悪いところは(シーズンが)終わってから考えよう」。

自身が今季目標としてきたのは『メジャー優勝』。第3戦の「日本女子オープン」が終わってから、今週に焦点を合わせてきた。「今週は慎重にやる。(前週は)調子良くなってきたからガンガン行ってしまった反省点もある。今週は自分らしさを忘れず、ベストな選択をしながらプレーできればいい」と気を引き締めた。(宮崎県宮崎市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。