ニュース

国内女子樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

とにかく食べて強くなる! 申ジエ直伝・食のススメ

◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 最終日(30日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6580yd(パー72)

申ジエ(韓国)が通算9アンダーで今季3勝目を挙げた。2打差の4位から出ると1イーグル、4バーディ「66」で逆転した。6月「ニチレイレディス」以来のタイトルで、賞金ランクは3位から2位に浮上。同ランク1位のイ・ボミ(韓国)との差を2545万665円に縮めた。残り4戦は高額賞金大会が続くだけに、「最後に笑った人の勝ち」と逆転女王を虎視眈々と狙う。

首位タイで迎えた16番で5mのバーディパットを決めると、しゃがみこんでガッツポーズを繰り返した。硬くて速いグリーンに多くの選手が苦しむ中で、「こういうグリーンのほうが好き。難しいと、燃えるんです」とサラリと言う。最終組の2組前から追い上げたこの日。優勝を争った最終組の李知姫(韓国)の18番を見終えると、秋風に吹かれながら充実の表情を浮かべた。

日本ツアーに本格参戦して3シーズン目。2014年に4勝、15年に3勝を挙げた。毎年のように複数回優勝する強さが際立つが、かつて世界ランク1位にのぼりつめた実力者も、今年の4月で28歳。毎週のように転戦が続く生活に、疲労がないといえば嘘になる。女子ゴルフ界では中堅からベテランの域に差し掛かり「わたしも若くないですよ」と苦笑い。それだけに、自らの体調管理を徹底しているという。

今シーズンは、試合を欠場して回復や身体づくりを優先したことがあった。8月「meijiカップ」を終えると、3週間ほど韓国で休養した。さらに「日本女子オープン」を終えて、10日ほどをトレーニングにあてた。ライバルたちはその間も賞金を加算するが、「賞金女王を狙う長いシーズンで、間を取るのは大事。実際に休んだあとの試合では良いプレーが出来ている」。申は、余裕たっぷりで言い切った。

さらに体調管理で重要な食事にも、強いこだわりがある。その一つが、「朝ごはんに時間をかける」こと。日本食を好み、米、納豆、味噌汁、目玉焼きを45分かけて味わう。さらに「量を食べるのが重要」と力説する。「何を食べるかも大事だけど、とにかく量をたくさん食べないといけない。今の若い選手は美容のために量を減らしたりするけど、シーズンを戦う上で必要な体力源です」。

ちなみに、食べる量にノルマなどは設けていないが、「周りの人から『そんなに食べてるの?』と驚かれる」という。すべては日本ツアーで初の賞金女王を獲るために。申にとって食欲の秋は、ラストスパートにつなげるための実りの季節でもある。(埼玉県飯能市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。