ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ギャラリー笑って「こりゃ、すごい!」 テレサ・ルーがキレキレショット連発

◇国内女子◇マンシングウェアレディース東海クラシック 2日目(17日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6397yd(パー72)

テレサ・ルー(台湾)が10バーディを量産してトップに上がった。1打差を追って3位から出ると、ボギーを最小限の1つに抑え「63」をマークした。通算16アンダーで全美貞(韓国)と首位で並んだ。「バーディがたくさん獲れた。あしたは集中してやりたい」と見据えた。

<< 下に続く >>

詰め掛けた9239人を魅了した。グリーンを囲んだギャラリーは「こりゃ、スゴイ!」と笑った。

出だし1番、124ydからの9Iで放った打球をピン横50センチでピタリと止めてみせた。「アイアンがすごく良い。こんなことは滅多にない」と自賛するほどのショットを披露した。

4つ伸ばして迎えた9番、162ydから7Iで放った2打目をピン30cmに置いた。飛んだ歓声と拍手に手を挙げた。8番から6連続バーディとなる2つめだった。

今週は安定感を重視する。「フェアウェイキープが大事」と初日から言った。実際、計36ホールで1Wを握ったのは6度だけだ。

連覇を狙った前週のメジャー「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」は、首位タイで迎えた最終日に崩れた。ティショットを引っ掛ける場面が目立ち、深いラフに入れるなど敗れた。「今週は距離も短いし、3WやUTで充分だもん」と説明する。

天真爛漫な28歳は「あしたもバーディが出るよ。攻めていこう」とケロッとした表情で言った。(愛知県美浜町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!