ニュース

国内女子日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

メジャー首位に違和感も 濱田茉優は謙虚がテーマ

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(8日)◇登別カントリー倶楽部(北海道)◇6750yd(パー72)

1年前の今大会では、新人女子プロが参加するルーキーキャンプの一員として、18番グリーン脇のリーダーボードを更新したり、各組についてスコア速報を送信するマーカー役をこなしたりしていた。「まさか1年後にこうなるとは思わなかった」。初日に単独首位スタートを切った濱田茉優は、そう言って照れ笑った。

この日のスタートは、午後最終組の1組前。「結構目が悪いので、後半の4、5番くらいからは、ちょっと暗かった」と日没間近の鉛色の空に苦戦したが、それでも前半に1イーグルを含む4アンダー。後半は1バーディ、1ボギーのパープレーで終わってみれば堂々の4アンダー。「トップに立つとは思ってもいなくて、すごい違和感があります」と、はにかんだ。

昨年、2度目の挑戦でプロテスト合格を果たした21歳。開幕前日が誕生日で、今週キャディを務めるコーチの井上忠久プロらとささやかな誕生パーティでお祝いした。レギュラーツアーにはアマチュア時代の2012年に1度出た(予選落ち)が、プロになってからは今年が初参戦。ベストフィニッシュは2週間前の「ニトリレディス」での24位だ。

だから、今年3月から師事する井上プロと決めた今週のテーマは「謙虚にやること」。ラフに入れたら無理せずフェアウェイに出すことを優先した。ラフ対策にバッグに加えた9W、11Wがこの日は大活躍。17番(パー5)では、ティショットをラフに入れたが、2打目を11Wで刻むと、残り157ydの3打目を7Iで直接カップへと放り込んだ。

「体が突っ込んでしまう癖があるので、体よりヘッドを先に走らせるように。クラブの重さを待ちながら、左足を踏ん張るイメージです」。ラウンド中も自身の課題と向き合っている。「1、2カ月前よりは良くなってきたけど、まだまだ課題があるので頑張ってやるだけです」。

大会初日の平均スコア「76.816」を、9ストローク近く下回った。それでも、明日も謙虚に挑むことに変わりはない。(北海道登別市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。