ニュース

国内女子サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

敗因の分析と研究 V逸の原江里菜が拓く3勝目への道

2016/07/17 16:51


国内女子ツアー「サマンサタバサレディス」最終日、単独首位で出た原江里菜は2バーディ、2ボギーのイーブンパー「72」にとどまり、通算8アンダーの3位でフィニッシュした。ツアー通算3勝目に届かなかった。

「スコアは不満だけど、ゴルフの内容からすれば我慢できた」と、この日のプレーを振り返った原。上位が一進一退の展開の中で「チャンスはある」と確信。イーブンパーのまま迎えた終盤の15番(パー5)では、13mからのロングパットを2mに寄せたが、ボールはカップの左を通過して3パットのボギー。続く16番では約3mを沈めるバウンスバックで取り返して、望みをつないだ。

17番の第2打を打ち終えた時点でリーダーボードを確認。「首位に(ジョン・)ミジョンさんがいた。残りホール、バーディ、バーディじゃないといけない」。原はチャンスを得ようと、リスクの高い攻め方ではなく安全策でグリーンオンを狙ったが、いずれのバーディパットもカップを鳴らすことはできなかった。

「ベストな状況に限らず、優勝争いできること」というのが、原が理想とするレベル感。全米女子オープンからの強行出場となった今週、優勝争いを演じられたことは収穫とした。「悔しかった、では終わらせたくない。勝つために気づけていないこと、原因は必ずある。それをあやふやなままにしたくない」。悔しさの次は、敗因の分析と研究――それが次の勝利への道を拓くことを、海外メジャーの大舞台を踏んだ経験から得た。(茨城県阿見町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。