ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

飯島茜 悪かったのは「私」じゃなかった

この日、ベストスコアとなる「66」を叩き出し、通算6アンダーの2位に浮上した飯島茜。国内女子メジャー「ワールドレディスサロンパス杯」で、自身2度目のメジャータイトル奪取に挑む。

「ずっとショットは良かったのに、思うようにかみ合わなかった」という最近。「良い感じで振っているのに、引っ掛けたり、球が上がらないことが続いていた」と、悩みは1Wの不調だった。

今年からクラブ契約を一新し、1Wには本間ゴルフの「TW727 455 ドライバー」をチョイスした。だが、ふと気になって確認してみると、10.5度のつもりだったロフトが「8.5とか9.5とか…」と、少ないことが分かったという。

適正ロフトに修正すると、1Wの調子も復調。「打ち方じゃなかったです」と笑った飯島。「今日はフェアウェイをほとんど外していない」と、メジャーセッティングの茨城GC東Cを、ノーボギーで駆け抜けた。

前週は男子ツアーの「中日クラウンズ」観戦に金土の2日間足を運び、片山晋呉の「マネジメントや攻め方、リズムを勉強した」とイメージも膨らませた。

「良いところで久しぶりに回るので、プレッシャーとかは分からないけど、自分の気持ちをセーブしながら出していけたら良いと思う。手応えはありますね」。首位との差は、わずかに1打だ。(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。