ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

パット&バーディ数トップ 柏原明日架が5位

2016/04/03 19:56


国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」最終日を13位から出た柏原明日架が4バーディ、1ボギー「69」でプレーし、通算1アンダーの5位タイで4日間をフィニッシュ。昨季初シードを手にした20歳が、難コース・葛城でしぶとく上位に名前を残した。

初日83位の出遅れから、2日目26位、3日目13位と徐々に浮上してきた。「初日にコケたことを考えればナイスカムバック。今までにない伸ばし方ができたことは自信になるし、成長したところだと思う」と手ごたえを口にした。

<< 下に続く >>

開幕戦から5試合が終了した時点のスタッツでは、平均パット数(1.7143)と平均バーディ数(3.7272)で1位を記録。得意のパターでバーディを稼ぐ持ち味を存分に生かし、好調なシーズン序盤戦を送っている。パット1位について「実感はない」としながらも「初日に3パットが多かったので(順位が)下がるか心配だった」と、モチベーションを支える要素となっているようだ。

そんなパット巧者が今季、もっとも重要視しているスタッツが「去年は低かった」というパーオン率だ。20試合に出場した昨季は60.9127%で、ランクでは58位に相当(規定のラウンド数に達せず公式記録はなし)。今季は63.6364%で35位につけてはいるが、求める数字はもっと上にある。

今季はプレーオフの敗戦を含む2度の2位フィニッシュを記録し、初優勝への期待が高まる。課題とするショットを改善できれば、早々にプロ初タイトルも見えてくるはずだ。(静岡県袋井市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!