ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目

2015/10/03 19:28

首位と3打差で最終日を迎える香妻琴乃「チ 首位と3打差で最終日を迎える香妻琴乃「チャンスが来たらバーディを」

ユ・ソヨン 2ボギー「74」、通算2アンダー、3位

「バーディチャンスはあったけど、ひとつも決めることが出来ずタフな1日だった。パッティングの調子が悪く、ティショットも100%ではない。徐々に良くはなっているので、それをポジティブに捉えて、あしたを楽しみにしたい。追いかけるのは好き。このコースは何が起こるか分からないので、気にする差ではでない」

香妻琴乃 2バーディ、3ボギー「73」、通算1アンダー、4位タイ

「あとひとつ、ふたつ入ってくれたら良い流れに乗れたと思う。ボギーは仕方ないと割り切っていたし、1日を通して苦しいパーパットもなかったので。きのうよりはショットもバランスよく振れている。ロングアイアンをもう少し修正したいのと、フェアウェイをキープできれば。簡単にバーディが獲れるコースではない。チャンスが来たら獲るつもりでボギーを打たないように」

堀琴音 3バーディ、3ボギー「72」、通算1オーバー、7位タイ

「18番はナイスボギー。バンカーからダフったらイヤだと思って奥に行ってしまったけど、2.5mのボギーパットが入ってくれて良かった。もう少し伸ばしたかったけど、5mくらいのパットが入ってくれた。(首位と5打差)この差を詰めるのは難しいけど、このコースでは何があるか分からないから頑張りたい」

新垣比菜(アマ) 1バーディ、7ボギー、1ダブルボギー「80」、通算7オーバー、35位タイ

「打つのが怖くなってしまった。前半の途中からティショットもアイアンショットも全部。引っかけの球が止まらなくなった。疲れはなかったけど・・・あしたも回りたくないです(笑)」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには植竹希望プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~