ニュース

国内女子フンドーキンレディースの最新ゴルフニュースをお届け

ベイブ・リュウが初優勝 槇谷、野澤は1打及ばず

2015/10/01 18:56

大分県の臼杵カントリークラブで開催された国内女子下部のステップアップツアー「フンドーキンレディース」。2日間競技の最終日を首位に2打差の5位タイから出たベイブ・リュウ(台湾)が「68」で回り、通算7アンダーとして初勝利を飾った。

リュウは台湾出身の22歳。今季から日本に参戦し、同下部ツアーでこれが6試合目の出場。この大会を迎えるまでに3度のトップ10入りを果たしていた。

今年「全米女子オープン」を制したチョン・インジ(韓国)と同じスイングコーチに師事するリュウは、メンタルコーチに日本女子ツアーで5勝を挙げた曽秀鳳(台湾)を据えている。ラウンド後、母に報告しようと携帯電話を手に取ったところ、曽からは「あなたが優勝する夢を見た」というメッセージが入っていたのを見て驚いたという。

通算6アンダーの2位タイには前年度優勝者の槇谷香とルーキーの野澤真央が入った。

【主な上位成績】
優勝/-7/ベイブ・リュウ
2T/-6/槇谷香野澤真央
4/-5/平野ジェニファー

関連リンク

2015年 フンドーキンレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~