ニュース

国内女子ワールドレディスサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

菊地絵理香は「悔しい」11位 賞金トップ陥落に安堵?

賞金ランクトップで今季メジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」を迎えた菊地絵理香は、15位から出た最終日を4バーディ、4ボギー「72」でホールアウト。強風の中を耐えるプレーで通算1アンダーは11位に浮上したが、「もうちょっと行けた感覚があるだけに、今週は悔しい」と、自分に不満を募らせた。

ツアー初優勝を飾った先月の「KKT杯バンテリンレディス」から就いた賞金ランクトップの座も、今週3位に入ったイ・ボミ(韓国)に譲り、約254万円差の2位に陥落した。

直近の4試合で3度のトップ3フィニッシュ。「ちょっと期待もあった」と乗り込んだ今季メジャー初戦だっただけに悔しさは残るが、「昨日からパットの違和感があったけれど、またつかみつつある。この経験を活かして次のメジャーを目指したい」と、次を見据える言葉は力強い。

リベンジを誓うメジャー第2戦は、9月開催の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」。

「メジャーの中で一番頑張りたいと思っている大会。課題はまだまだたくさんあるので、ピークに持っていけるように調整したい」。

賞金ランクトップの座にいたこの3週間は「トップにいるのが不思議。もういいですよ・・・」と恐縮していた菊地。願い通り(?)肩の荷も降り、次週以降の戦いに臨む。(茨城県つくばみらい市/塚田達也)

関連リンク

2015年 ワールドレディスサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~