ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

“意地悪”の難コースに対抗心 笠りつ子が2週連続Vへ好発進

2015/04/02 20:37


国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」が2日(木)、静岡県の葛城ゴルフ倶楽部 山名コースで開幕。2週連続優勝がかかる笠りつ子が3バーディ、この日ただ1人となるノーボギーラウンドにまとめ、首位に2打差の3アンダー3位スタートを切った。

前半インをすべてパーで並べて折り返した後半2番では、グリーン右ラフ10ydからチップインを決めて最初のバーディ。続く3番(パー5)、さらに7番(パー3)でもスコアを伸ばし、無傷で18ホールを完走した。

名匠・井上誠一氏が設計の難コースは、打ち下ろし、打ち上げ、林越えのドッグレッグホールなど変化に富み、池やバンカー、斜面などが効果的に配置。緻密なコースマネジメントが強いられる舞台だが、笠は2012年大会で優勝、昨年も3位に入るなど得意コースの1つとしている。この日も「難しいけれど相性はいい」と自認する良好な関係を、改めて印象づけた。

相性の良さを感じるのはどの部分? そんな問いに対し、具体的な言葉の代わりに「井上誠一さんは、たぶん意地悪なんだと思う」と返した笠。「コースレイアウトが好きというよりは、どう組み立てていくのかを考えながら、それを攻略したいというのがある」と続けた。

金曜からは天候の崩れも予想されており、さらに過酷なコースコンディションに変貌する可能性もある。前週から手応えを深めているショートゲームも好調、ガマン比べは望むところだ。(静岡県袋井市/塚田達也)

関連リンク

2015年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~