ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「賞金女王になりたい」 鈴木愛が描くビッグな青写真

プロ2年目の20歳が、ツアー最高峰のメジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」最終日に新たな歴史を刻んだ。単独首位からスタートした鈴木愛が5バーディ、4ボギー「71」でプレーし、通算5アンダーで1打差のリードを守りきってツアー初優勝。20歳と128日での選手権制覇は、宮里藍が2006年大会で打ち立てた大会最年少優勝記録(21歳と83日)を更新する快挙となった。

このほか、今大会の優勝で鈴木が残した主な記録は以下の通りだ。
・1988年のツアー制度施行後において、今大会初出場者の優勝は初めて
宮里藍(20歳105日/2005年 日本女子オープン)に次ぐ3番目のメジャー年少優勝
・メジャーで初優勝を飾るのは国内女子ツアー史上8人目

「私が最年少か…という気持ち。すごくビックリです」。憧れの人を超えたという実感は、優勝会見の席に就いてもなかなか沸いてこない。しかし、そのプレーぶりは今年の女子プロゴルファーの頂点を決める勝者にふさわしい、堂々たるものだった。

「朝ゴハンが喉を通らなかったのは初めてだった」という不安と緊張は、序盤の好スタートで一気に解けた。1番(パー5)でバーディを先行させると、3日目に連続ダブルボギーを叩く入り口となった2番では、グリーン手前のカラーから20ヤードをパターで沈めて連続バーディ。スタート時の1打差リードをキープして、最後の関門サンデーバックナインに入った。

優勝を決定づけたのは、1打差リードの通算5アンダーで迎えた終盤17番だ。フェアウェイからの2打目を手前3メートルにつけて7番ホール以降遠ざかっていた久々のバーディチャンス。「ここを決めればラクにいける。絶対に入れようと思った」。これを決めてリードを2打差に広げ、力強く右手を握った。「普段はあまりしない」と口にしながら、今週は何度も見せていたガッツポーズ。その中でも最も大きかったアクションは、勝利への気迫にほかならなかった。

「今日は運が良かったし、まだそこまでの実力に達していない。どっちかというと(今後の)プレッシャーになると思うので、これから練習して、皆さんにトッププロと言われるようになりたい」。快挙を遂げたばかりの20歳は、ビッグタイトルの重みを謙虚に受け止めていた。

将来は米国ツアーへの参戦を見据えるが、まずは国内ツアーでじっくりと己を磨き、世界へ羽ばたく準備を整える。「日本で賞金女王になりたい」。壮大に描く青写真は、ニューヒロインの無限大の可能性を感じさせた。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。