ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

香妻琴乃と渡邉彩香 前半戦の主役は5打差逆転狙う

「LPGAツアー選手権リコーカップ」初出場組の香妻琴乃渡邉彩香が、3日目は「72」と伸び悩み、通算6アンダーの4位タイに後退した。2日目を終えた時点では2位タイと、前半戦を上位で引っぱった2人だが、首位との差は2打から5打に開いてシーズン最後のラウンドを迎える。

香妻は、2日目までキープしてきたアンダーパー(68-70)を逃しての失速。「昨日まではショットがブレてもパーを拾えていたけど、今日はグリーンを外したときにボギーにつながった」とショートゲームの乱れを挙げ、前半4番から8番までの5ホールで喫した4ボギーを悔いた。

<< 下に続く >>

その状況から、4バーディを奪い返すナイスカムバック。13番では93ydの2打目がピン下を直撃し、カップの右端を崩しながら左1.5mにつけるスーパーショットでギャラリーを沸かせた。「差はちょっと開いてしまったけど、明日は最初のホールからバーディを狙っていきたい」と、ツアー初優勝に向けて気合いは十分だ。

一方の渡邉も、香妻と同じく波が上下する1日に。「ちょっとのミスが許せず、気持ちの浮き沈みがあった」と前半4番から6ホールで3ボギーを叩いて後退しながらも、「切り替えていこうと、ガマンすることができた」とバックナインの2バーディで息を吹き返した。

「爆発すれば届かない差ではない。今日ガマンした分、明日につながると思うし、最後まで諦めないでやりたい」。ラスト2日間のテーマは、優勝への意識を強く持ち続けること。初日「66」をマークしていることも、渡邉のハートを支える1つになっている。「初日くらいパットが入れば(24打)、7、8アンダーは出ると思っている」と、強気の言葉を続けた。(宮崎県宮崎市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!